アーカイブログ | 尼崎市立地域研究史料館








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 2014年4月23日の記事 >>

電車とバスの通勤定期券/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_92_CA_8B_CE_92_E8_8A_FA.png
都市における生活史の重要な要素のひとつである通勤事情。
切符や定期券は、これに関する"重要な"史料です。
この間入手した2種類の定期の写真をアップしました。
ひとつは阪神電車の通勤定期券。大正3年(1914)か昭和3
年(1928)のいずれかのものと考えられます。尼崎〜梅田間
が1か月4円40銭という金額が、時代を感じさせます。
もう1枚は、昭和38年の尼崎市バスの定期券。阪神出屋敷
駅から南へと向かう路線は、臨海工業地帯へと通う労働者
が朝晩乗車するドル箱路線のひとつでした。
路線の盛衰にも時代が反映していることがわかります。


<< >>