アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

昭和戦前期のマッチラベルを入手しました。

by ブログ管理者

_83_7D_83b_83_60_83_89_83x_83_8B.png
毎度有難う「カフヱー日輪」
現在の開明町1丁目にありました。
店から東すぐの庄下川にかかる開明橋のイラストがあし
らわれています。

縣立病院前「カフエーチグサ」
魔法使いの壺?から女性が飛び出すという不思議なイラ
ストです。昭和戦前期に県立病院があったのは、庄下川
東岸、現在市立中央図書館と城址公園がある場所です。
当時の城内は、現在国道43号になっている本町通を中心
に商店が建ち並び、開明橋東詰には芝居小屋があって多
くの人で賑わいました。

尼ヶ崎庄下 マルコシ
業種は不明ですが、振り返る女性のイラストから、
カフェーと思われます。

○万タクシー
闇夜の六甲山を背景に疾走するタクシーのイラストです。
阪神尼崎駅前で「丸万自動車部」として営業していた運
送事業者のタクシー部門です(昭和8年の電話帳による)。

このマッチラベルがどういう経緯でコレクションされたの
か不明ですが、当時のカフェーは深夜営業があたりまえで
したから、終電を逃した客がタクシーで帰ることがあった
と考えられます。4点のラベルの共通項から、そんなことを
考えてみるのも楽しいですね。


<< >>