アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

「明治期鉄道員関係史料」を公開!

by ブログ管理者

_96_BE_8E_A1_8A_FA_93S_93_B9_88_F5_8Ej_97_BF.png
史料館公式Webサイト中の「文書群一覧」に、目録は未
作成ですが公開可能な古文書・近現代文書類を収録した
「仮目録文書群概要一覧」を掲載しています(半年ごと
に更新)。新たに登録した文書群のうち、「明治期鉄道
員関係史料」をご紹介します。
「明治期鉄道員関係史料」は、明治11年(1878)に見習
駅夫として駅員になった人物が、大正3年(1914)に依願
退職するまでをたどることができる史料で、経歴書・賞
与支給書・任命書など28点からなっています。駅員になっ
た当初は、大阪駅長が任命者になっています。この当時、
鉄道は工部省に属しており、鉄道建設に主眼が置かれ、
運営は駅長に任されていた模様です。明治20年までは駅
の業務規定がなかったらしく、駅長の待遇について問題
になっています。その後、山科駅や住吉駅の駅長を歴任
し、明治37年には、日露戦争に際して野戦鉄道附として
大連に渡り、大連近くの瓦房店駅長を勤めています。こ
の時に知り合った中国人からの書簡も2点あり、当時の駅
の状況がうかがえる興味深い史料です。


<< >>