アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

ベルベット石鹸の絵はがき/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_83x_83_8B_83x_83b_83g_90_CE_82_AF_82_F1.png
ベルベット石鹸は、現在尼崎市内の大浜町にある日油(株)
尼崎工場の前身です。
明治43年(1910)、大庄村又兵衛新田に英資本のリーバ・
ブラザーズが工場を設置し、大正14年(1925)には神戸瓦
斯が引き継ぎ大日本石鹸と改称、大正15年2月に会社名を
「ベルベット石鹸」と改称します。
昭和11年(1936)には親会社が神戸瓦斯から日産コンツェ
ルンへと変わり、昭和12年3月には日産グループによる事
業の整理統合で日本油脂と改称しました。その後商品名が
ニッサン石鹸に変更され、ベルベット石鹸の名称は使われ
なくなりました。
この絵はがきは、社名をベルベット石鹸と称していた大正
15年から昭和12年までの間に、工場見学の参加者に配った
記念品と思われます。
大庄村海岸部の工場中、もっとも初期に進出したのが、こ
の工場でした。航空写真から、農地が広がる新田地帯の一
画に立地していたことがわかります。工場の周囲の様子に
変化が現れるのは、昭和9年の関西風水害(室戸台風)罹災
後、復興土地区画整理により工業用地が造成されて以降の
ことなので、昭和9年以前の撮影です。


<< >>