アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.2-2(その2)

by ブログ管理者

12_8C_8E6_93_FA_90_85_97_98_8AG_90_7D_89_C1_8DH.jpg
『尼崎市史』第2巻掲載の「猪名川・藻川筋水路図」をもとに、
村絵図に描かれている部分の河川・水路について彩色をして
みました(河川を青、水路を水色で表現しています)。現代の
地図の縮尺と比較してみると…一見して、村絵図では、南北
に長い水路についてぎゅっと縮尺を縮めて、表現されている
ことがわかりますね。どうやらこの村絵図では縮尺をかえて
でも、下坂部村の水利のありようも盛り込んで表現する必要
があったと考えられます。つまり、村の基礎情報を全て一枚
の絵図に詰め込む必要があったわけです。
なぜ、このような絵図が作成されたのでしょうか?ちなみに、
村絵図が作成された天保14年(1834)8月には、下坂部村で
は村明細帳(三根久昌氏文書167-1)等、村の基礎台帳も改
めて作成し直されていました。

(さらにつづく)


<< >>