アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

こんな本が出ました/『村落からみた市街地形成 人と土地・水の関係史 尼崎1925〜73年』(その1)

by ブログ管理者

DSC_0002.JPG
尼崎を研究フィールドとするこの本、日本近現代社会経
済史がご専門の立教大学文学部教授・沼尻晃伸先生の
ご著書です。
実はこの先生、2007年1月12日にはじめて史料館に足
を運ばれて以降、年に何度も通われ、史料調査や地元
での聞き取り調査を熱心に積み重ねておられる尼崎ファ
ンの先生なんです。今回のご著書はその研究成果、とい
うわけです。
2/4、史料館に調査にお越しになられたところをお願い
し、ご著書と一緒にパチリ。(「恥ずかしい…」と照れてお
られましたが)ご著書は史料館にもご献本いただきまし
た!
なお、前日には本のなかで取り上げられた浜田地区のみ
なさんと先生が交流する場があり、表紙写真をめぐって
大いに話が盛り上がったそうです。沼尻先生は「地域住
民のみなさんによろこんでいただける本が書きたかった、
そういう研究がしたかったんです」とおっしゃっておられま
した。
(つづく)


<< >>