アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

○◆○◆○「あの頃の尼崎」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.6−2○◆○◆○

by ブログ管理者

_82R_81_5E_82P_82X_81E_82Q_82O_97_BC_93_FA.png
古写真や絵はがきなど、史料館が架蔵している近現代の
ビジュアル史料を紹介するシリーズ「あの頃の尼崎」。
『月刊あまがさき』111号(昭和48年7月号)「うの目たか
の目」コーナーに掲載された、「お寿司よ!お前もか・・・」
と題されたその記事では、難波商店街付近のお寿司屋さん
がはじめた寿司の自動販売機が紹介されています。
記事によると、このお寿司の自動販売機、販売時間は閉
店後の夜10時から翌朝9時までで、鉄火、ちらし、巻き、
盛合せ、にぎりの5種が販売されていました。いずれも
1折300円だったとか。
ちなみに「徹夜マージャンの学生サンやサラリーマンな
どの“深夜族”が大いに利用している」と紹介されていて、
売り上げも好調であったようです。「タバコ、ビール、ラー
メン、米…世はまさに自動販売花盛り。」と締めくくら
れており、様々な自動販売機が登場するたびに話題とな
っていた様子がうかがえます。
この自動販売機がいつ頃まであったのか、残念ながらわ
かっておりませんが、個人的には、もし目にしていたら、
きっと一度は買っていただろうなぁ…と思います。皆さん
はどのように思われますか?


<< >>