アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

日本醤油醸造の絵はがき/新たに収集した史料より(その2)

by ブログ管理者

_93_FA_96_7B_8F_DD_96_FB_8F_F8_91_A2_8AG_82_CD_82_AA_82_AB.png
倉庫の陰になって写っていませんが、大きな煙突のそばに
は工場全体の動力源となる汽罐室がありました。
舩溜の正面に見える平屋建ての洋館は工場事務室です。同
社には北浜銀行の岩下清周らが出資しており、岩下と関係
が深かった大林組が建設工事を担当しました。
日本醤油醸造は製品への禁止添加物の使用が発覚し、同時
期に尼崎工場が焼失したことがきっかけとなって経営不振
となり、明治43年には倒産してしまいます。工場の跡地に
は岸本製釘所や横浜電線製造が進出し、それぞれ現在も操
業する新日鉄住金と三菱電線工業につながっています。
日本醤油醸造の歴史はわずか4年で幕を閉じましたが、醤
油醸造業の技術革新に大きな影響を与え、尼崎臨海部への
大工場進出の端緒となるなど、同社が残した足跡は少なく
ありません。


<< >>