アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

○◆○◆○「あの頃の尼崎」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.10−2(その1)○◆○◆○

by ブログ管理者

01_20150712_rinkan1.png
02_20150713_zenkei.png
03_20150713_etsuranshitu.png
古写真や絵はがきなど、史料館が架蔵している近現代
のビジュアル史料を紹介するシリーズ「あの頃の尼崎」。
昨日の写真は広報課から移管されたプリントスクラッ
プブックに収録されていたものです。関連する写真と
あわせてご紹介しましょう。
林間図書館は、当時開館したばかりの新しい市立図書
館が始めたサービスです。戦後、市の図書館は城内小
学校の教室で再開され、昭和26年(1951)5月に当時城
内にあった市役所の2階に移転します。ですが、こちら
も国道43号線の建設により庁舎が撤去されることとなっ
たため、さらに移転しなくてはならなくなりました。
これを受けて新しく図書館を建設することが決められ、
昭和34年(1959)3月末、延床面積1,234m2の新図書館
が昭和通2丁目76番地(現在の都ホテルニューアルカ
イック付近)に完成しました。新図書館は、図書の移
動などの準備作業をへて、6月16日に開館式を行い、7
月1日からは市民向けの図書の貸出しも始まりました。
その後、図書館は子どもたちに本に親しんでもらえる
ような新しいサービスを打ち出していきます。


<< >>