アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◆○◆○「あの頃の尼崎」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.11−2○◆○◆○

by ブログ管理者

01.png
02.png
03.png
古写真や絵はがきなど、史料館が架蔵している近現代の
ビジュアル史料を紹介するシリーズ「あの頃の尼崎」。

昨日紹介した記念公園内の野球場は昭和26年(1951)11
月に完成したものです。昭和23年に阪神尼崎駅北側に尼
崎野球協会が協会の専用球場を整備し、昭和25年には新
扶桑金属(現在の新日鐵住金尼崎製造所)のチームが第
1回西日本準硬式野球大会に兵庫県代表として出場を果た
すなど、戦争で中断を余儀なくされた尼崎の野球がふた
たび盛んになろうとしていたころのことでした。

「尼崎市民時報」49号(昭和26年9月8日号)は新しい野
球場がもうすぐ完成しようとしていること、失業対策事
業の一環として実施されていることを報じています。

3枚とも撮影時期は確定できませんが、工事期間中の昭和
25年6月から翌年10月頃にかけてのものと思われます。当
初は昭和25年秋に完成予定であったものが、同年のジェー
ン台風により大幅に遅延しました。完成した球場は両翼
およそ300フィート(約90メートル)、収容人員2万5千人
と、市立球場としては「阪神間随一」と評されました。


<< >>