アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◇●◇●◇「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.13-2(その1)◇●◇●◇

by ブログ管理者

10_81_5E24_81i_8AG_90_7D_81E_95_94_95_AA_81j.png
_82P_82O_81_5E_82Q_82R_81E_82Q_82S_97_BC_93_FA.png
昨日に引き続き、「尼崎城下絵図」(尼崎市立地域研究
史料館所蔵)についてご紹介します。尼崎城下八町のう
ち、本日は中世以来の来歴をもつ町、「大物町」に着目
してみましょう。
昨日ご紹介しましたように「大物(だいもつ)」は、北
へは淀川を通じて京都、そして西へは瀬戸内海を通じて
西国につながる湊町として、早くからたいへん繁栄して
いました。江戸時代の城下町建設に際しては、すでに町
場として発展していた街区は基本的にはそのまま残され
たと考えられ、不規則なかたちをしています。
 


<< >>