尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • デジタルアーカイブ
  • 尼崎藩家臣団データベース"分限"
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    デジタルアーカイブ

    尼崎藩家臣団データベース"分限"

    分限

    尼崎藩の家臣団について、姓名・役職・家禄・履歴などを検索するためのデータベースです。

    平成25年(2013)8月1日に公開しました。

    "分限"デモページ

    分限の使い方を紹介したデモページを作成しました。

    更新情報

    2018年2月19日
    西宮市教育委員会所蔵「藩士舊録役員抜書」
    この記録は明治2年9月調べで東京へ差し出した旨記載されており、それを明治3年3月に写したものです。石高(旧藩時代の家禄〔役料含む〕)・現石(明治2年9月現在の家禄)・当時渡り(明治2年9月現在の支給高)・役料・役職・氏名などが記載されています。現在、原本は西宮市立郷土資料館が所蔵しています。
    登録データは5,361件となりました。
    2016年5月
    大垣市立図書館所蔵「戸田左門氏鉄公侍帳」
    従来から当館紀要『地域史研究』第14巻第1・2号掲載翻刻文をもとに、寛永12年(1635、尼崎在城時)及び同19年(大垣転封後)の分限帳の内容を収録していましたが、『新修大垣市史』に収録された寛永19年の情報を430件補いました。
    登録データは4,541件となりました。
    2016年2月
    西宮神社所蔵「西宮神社御社用日記」
    『西宮神社御社用日記』第3巻(平成27年 清文堂出版)巻末の「尼崎藩主要役職就任者一覧」記載の家臣名61件を追加しました。
    登録データは4,111件となりました。
    2014年7月23日
    尼崎市教育委員会所蔵「尼崎藩家中家禄連名録」追録
    これまで他の典拠史料の記載内容に合わせて、「連名録」に記録された役職・家禄・経歴などに限って収録していましたが、今回同史料に記載された各種の情報も追録しました。これにより、「連名録」記載情報のほぼすべてが得られるようになりました。
    内容追録のため登録データは4,050件のまま変わりません。
    2014年3月6日
    西宮神社所蔵「西宮神社御社用日記」
    『西宮神社御社用日記』第2巻(平成25年 清文堂出版)巻末の「尼崎藩主要役職就任者一覧」記載の家臣名51件を追加しました。
    登録データは4,050件となりました。
    2014年2月6日
    尼崎市教育委員会所蔵「尼崎城下武家屋敷一覧之図」
    上記史料記載の家臣名246件を追加しました。この史料の内容は『尼崎市史』第5巻折込「松平氏時代の武家屋敷」に掲載されているので、同書と対照することで当該家臣家の屋敷地所在を確認することができます。
    登録データは3,999件となりました。
    2013年10月21日
    大垣市立図書館所蔵「戸田左門氏鉄公侍帳」
    当館紀要『地域史研究』第14巻第1・2号掲載翻刻文をもとに、寛永12年(1635、尼崎在城時)及び同19年(大垣転封後)の分限帳の内容を収録しています。

    岸添和義氏論文「尼崎藩の大庄屋制度について」
    (当館紀要『地域史研究』第35巻第2号掲載)より「松平氏時代の本領郡代変遷及び在職年次一覧表」及び「中灘代官一覧表」の内容を収録しています。
    これにより家臣名608件が追加され、登録データは3,753件となりました。
    2013年8月1日
    公開、利用申込の受付を開始しました。登録データは3,145件です。