尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • 講座・イベント
  • 「2016年の尼崎市」記録写真
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    講座・イベント

    尼崎市市制100周年記念事業 「2016年の尼崎市」記録写真を募集します

    日々移り変わる市内を撮影した写真は、地域を記録する貴重な記録史料です。
    地域研究史料館でも、記録写真はもっとも利用頻度の高い史料ジャンルのひとつとなっています。
    このたび、市制100周年を機に、地域研究史料館の所蔵写真として保存・活用することを目的に2016年の尼崎市域を記録する写真を募集します。

    杭瀬本町(昭和39年10月・小川弘幸氏撮影)

    立花商店街(昭和39年10月・小川弘幸氏撮影)

    園田競馬場(昭和39年12月・小川弘幸氏撮影)

     

    募集部門
    部門I 定点観測部門
    地域研究史料館所蔵の小川弘幸氏撮影写真(「1964年尼崎市」収録)で撮影されたエリア・地点を定点観測のように撮影する写真(カラー・モノクロいずれも可)
    小川弘幸氏撮影アルバムは地域研究史料館でご覧いただくことができます。
    部門II フリー部門
    被写体はフリー。撮影者が現在の尼崎を記録するカットや場面として撮影・保存に値すると考える写真。
    募集期間
    平成28年(2016)7月1日(金)~平成29年(2017)1月30日(月)
    募集規定
    ・2016年(平成28)の尼崎市域を記録するもの。
    ・原則として応募者本人が撮影したもの。(地域研究史料館で保存・活用しても著作権上問題のないものに限ります)
    ・個人の肖像権やプライバシーを侵害せず、公序良俗に反しないもの。
    ・提出形態は写真データ(CDまたはDVD、メール)、プリント(写真用紙2L以上A4サイズ以下)のいずれか、またはその両方とします。
    応募写真の取扱い
    応募写真は、地域研究史料館において撮影者情報などのクレジットを付して当館での閲覧・複写に供するほか、ウェブサイトや紀要への掲載、展示企画への活用などを考えています。
    募集方法
    募集要項をご覧のうえ、写真に応募用紙を添えて地域研究史料館までお送りください。

    募集要項・応募用紙のダウンロード

    「2016年の尼崎市」記録写真募集要項 [PDF:114KB]
    「2016年の尼崎市」記録写真応募用紙 [PDF:44KB]
    「2016年の尼崎市」記録写真応募用紙(別紙)被写体リスト [XLS:35KB]
    ※写真点数が複数にわたる場合は、上の別紙「被写体リスト」に撮影記録をまとめてください。

    応募先・お問い合わせ先

    尼崎市立地域研究史料館 「2016年の尼崎市」記録写真係
    〒660-0881 尼崎市昭和通2丁目7-16 (尼崎市総合文化センター7階)
    電話番号
    06-6482-5246 (9:00~17:30受付 火曜・祝日休館)
    FAX
    06-6482-5244
    Eメール
    ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp