尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • 刊行物
  • 尼崎の農業を語る 262
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    刊行物

    尼崎の農業を語る 262

    新「尼崎市史」編さん調査の一環として、平成8年から13年にかけて地域研究史料館が実施した農業史聞き取り調査の成果をまとめたものです。
    昭和20~30年代、戦後の食糧難時代から高度成長期に、工業都市尼崎で農業を営み、また、農業に関わった人たち262人の体験や思い出、記録写真を収録しています。

    尼崎の農業を語る 262
    仕様・体裁
    B5判 414ページ
    頒布価格
    5,000円 販売終了
    発行日
    平成18年3月10日
    編集
    尼崎市立地域研究史料館
    発行
    『尼崎の農業を語る 262』刊行会

    目次

    農業にたずさわって
    「写真で見る-米づくりの一年(森農会・岡本尚三氏提供)」
    小田地区
    善法寺/高田/西川/久々知/久々知西町/下坂部/潮江/浜/長洲/次屋/西長洲
    大庄地区
    大庄西/大庄東/浜田/今北/元浜/芋/東大島/西大島
    武庫地区
    友行/生津/西富松/時友/西昆陽/常松/常吉/西武庫/東武庫/武庫庄/守部/南守部/伊丹市野間/伊丹市山田
    立花地区
    東富松/塚口/上ノ島/高松/栗山/水堂/尾浜/七松/三反田/水堂戌井/大西
    園田地区
    戸ノ内/富田/椎堂/穴太/法界寺/田能/猪名寺/小中島/南清水/上食満/中食満/下食満/御園/上坂部/口田中/若王寺/森
    農業余話
    戦後はじめのパン屋経営
    永田忠蔵氏
    戦後尼崎の農業関係団体
    長尾秀文氏
    農業の機械化と竹島農機
    竹島次郎氏
    東向島の尼いもづくり
    西川たね氏
    戦後、尼崎の漁業と漁業組合
    小田正三氏
    調査のまとめ
    あとがき