尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • 刊行物
  • 図説 尼崎の歴史
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    刊行物

    図説 尼崎の歴史尼崎市制90周年記念

    尼崎市制90周年を記念して刊行した、新「尼崎市史」編集事業の最初の刊行物です。
    序説「尼崎の歴史の舞台」及び古代から現代までの各時代について、113項目・45コラムを図説形式によりわかりやすく解説しています。
    地域研究史料館は、この『図説尼崎の歴史』をテキストとする『尼崎市史』を読む会を実施しています。
    また、本書の内容はWeb版 図説尼崎の歴史としてWeb公開しています。

    残部僅少のため、平成25年3月末日をもって販売を終了しました。

    図説尼崎の歴史
    仕様・体裁
    A4判上下巻 計530ページ フルカラー 箱入り
    頒布価格
    4,200円(上下巻セット) 販売終了
    発行日
    平成19年1月31日
    編集
    尼崎市立地域研究史料館
    発行
    尼崎市

    構成

    項目 内容
    上巻 序説 「尼崎の歴史の舞台」
    この節を理解するために
    1 縄文海進前の尼崎の地下
    2 尼崎市域の微地形
    コラム 前近代の干拓技術
    古代編 第1節「古代社会の黎明」
    この節を理解するために
    1 西摂平野の開拓
    コラム 田能遺跡の発掘調査
    コラム 大型掘立柱建物
    コラム 柱根と年輪年代
    2 古墳の築造と展開-尼崎市域の古墳の位置付け-
    3 大和王権と猪名川流域
    4 海陸交通の掌握と部民の設置
    第2節「律令国家の形成と展開」
    この節を理解するために
    1 王族の集住と直轄領
    コラム 古代寺院・猪名寺廃寺
    コラム 猪名寺廃寺の軒瓦-川原寺式軒瓦の寺々と造営の姿-
    2 古代村落と条里制
    3 猪名荘の成立と地域開発
    4 猪名荘絵図を歩く
    中世編 第1節「中世社会の形成」
    この節を理解するために
    1 神崎川流域の発達と港津
    2 猪名荘の発展と長洲御厨
    コラム 猪名庄遺跡を掘る
    3 「猪名の笹原」と橘御園
    4 平安末期の動乱と尼崎地域
    5 大物遺跡と流通
    第2節「中世社会の展開」
    この節を理解するために
    1 後鳥羽院政と尼崎地域
    2 港津の発展と商工業
    3 大覚寺の建立と門前町
    コラム 琵琶法師と大覚寺
    4 悪党の蜂起
    5 尼崎と南北朝の内乱
    第3節「戦国争乱期の尼崎」
    この節を理解するために
    1 戦乱と城
    2 港町・尼崎と塚口寺内町
    3 村落と庶民信仰
    近世編 第1節「幕藩体制の成立と尼崎」
    この節を理解するために
    1 織豊期の尼崎 戦乱から平和へ
    2 幕藩体制における大坂
    3 大坂の西の守り・尼崎藩
    コラム 尼崎藩の参勤交代
    4 城と城下町
    城と武家屋敷地
    港と町屋
    コラム 尼崎城の発掘調査
    5 近世の村
    コラム 村役人の仕事
    6 百姓の家と家族-万陀羅寺村の宗門改帳から-
    7 近世の身分制度
    コラム 契沖と近松門左衛門
    8 猪名川・武庫川の水利をめぐる争論
    9 新田を開く
    第2節「成長する西摂地域」
    この節を理解するために
    1 西摂農村の経済発展と明和六年尼崎藩上知
    コラム 未遂に終わった藩主家の引き留め嘆願
    2 富農の誕生
    コラム 農具
    3 尼崎城下の商人
    コラム 度量衡と貨幣
    4 排泄物の再利用
    5 宿駅と街道
    コラム 象が通る
    6 行き来する舟
    7 国訴
    第3節「人々の暮らしと文化」
    この節を理解するために
    1 藩主の一生
    コラム 側室・澤田すめ
    2 武士の家
    3 百姓の家
    コラム 生津村の医師
    4 百姓の財産
    コラム 暦・時刻・方位
    5 奉公人として働くこと
    6 婚姻
    コラム 養子
    第4節「幕末動乱期の尼崎」
    この節を理解するために
    1 幕末期の尼崎
    コラム 忠栄と忠興
    2 窮乏する藩財政
    3 慶応元年武庫川大洪水
    コラム 激動の慶応二年
    4 高まる長州藩人気
    コラム 東富松のおかげ踊り
    下巻 近代編 第1節「尼崎の明治維新」
    この節を理解するために
    1 維新政府の成立と尼崎藩
    2 廃藩置県
    コラム 尼崎城の廃城
    3 明治初期の地方行政制度
    4 近代的教育制度の創出
    5 地租改正
    6 運輸・通信網の整備
    第2節「尼崎の町と村」
    この節を理解するために
    1 明治一〇年代の経済変動
    2 教育制度の改革
    3 町村制の施行
    コラム 琴陽会と遊郭設置問題
    4 企業勃興
    5 明治中後期の旧尼崎城下
    第3節「工業都市尼崎の形成」
    この節を理解するために
    1 日露戦争
    コラム 明治・大正期の尼崎の景観
    2 第一次世界大戦期の経済発展
    3 尼崎市の誕生
    コラム 洋画家・櫻井忠剛
    コラム 移りゆく尼崎の原風景-小西乙次氏撮影写真より-
    4 都市問題の発生
    5 民衆の台頭と人権・デモクラシー
    コラム 大正デモクラシー期の教育
    6 地域の変化と人々の暮らし
    コラム 尼いもとランプ飴
    第4節「十五年戦争下の尼崎」
    この節を理解するために
    1 昭和恐慌下の尼崎-工業化の明暗とモダニズム-
    コラム 在日朝鮮人
    2 満州事変と準戦時体制
    コラム 尼崎の国防婦人会
    3 社会運動の激化と退潮
    4 都市化の進展と「大尼崎」
    コラム 尼崎の鉄筋コンクリート建築
    5 新しい住宅地の形成
    6 全面戦争と戦時経済
    7 国民総動員の時代-戦時下の地域と暮らし-
    8 空襲と戦災
    コラム 銃後、疎開、空襲-尼崎市民の戦争体験-
    現代編 第1節「戦後復興の時代」
    この節を理解するために
    1 敗戦と市民生活の窮乏
    コラム 三和に行ったらなんでも揃う-まちの戦後を見つめ続けた商店街-
    2 戦後初期の尼崎市政
    3 戦後改革と民主主義の息吹き
    4 民主化の後退と社会的亀裂
    5 ジェーン台風と防潮堤
    コラム 復興を担ったふたりの市長-六島誠之助と阪本勝-
    6 講和後の社会状況と市財政再建
    7 復興から成長へ
    コラム 戦後尼崎の労働運動-尼鋼争議の場合-
    8 戦後復興期における地域の特徴と変化
    第2節「高度経済成長期の尼崎」
    この節を理解するために
    1 産業構造の転換(1)-高度経済成長期における尼崎の製造業-
    2 産業構造の転換(2)-高度経済成長期における尼崎の商業・農業
    コラム 農業の機械化
    3 市政の展開、都市基盤の整備
    コラム 国道43号
    4 教育・文化施策の展開
    コラム 荻原一青-尼崎が生んだ城郭画家-
    5 都市の変貌、市民生活の変化
    コラム 出郷者の町-同郷者集団と地域社会-
    6 深刻化する公害問題
    7 ドル・ショックと石油危機
    第3節「石油危機から震災まで」
    この節を理解するために
    1 転換期を迎える尼崎の経済
    2 尼崎における「保革」対立
    コラム 尼崎を二分した市長選挙
    3 石油危機以降の都市行政
    コラム 市民が創る文化
    4 開発と都市の変貌
    コラム 国道線・尼崎港線の廃止-尼崎市内から消えた鉄道を探して-
    5 「公害」から「環境」へ
    コラム 公害反対運動と公害裁判-国道43号線道路公害訴訟と尼崎大気汚染公害訴訟-
    6 阪神・淡路大震災がもたらしたもの
    付録 市民が撮った尼崎の身近な自然
    年表