尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • 利用案内
  • ボランティアの募集
  • 『尼崎市史』近世史料編の目次データ入力
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    利用案内

    『尼崎市史』近世史料編の目次データ入力

    『尼崎市史』5巻および6巻所収の近世古文書類翻刻文について原典である古文書類を見ようとした場合、現状では市史編集時の事務用資料である執筆者(八木哲浩氏)自筆の文書番号等対照一覧に頼るしか方法はありません。しかも、同資料は当時の担当者の手元資料に一部残っているのみで、副本もありません。翻刻掲載史料の原典を検索できるデータベースを作成するために、先ず目次データをデジタル化します。

    内容
    翻刻史料名を『尼崎市史』第5・6巻の目次により、一件ずつエクセル画面に入力します。その後、編集用資料より古文書の目録番号他を入力します。
    分量・日数
    全体で950件
    募集人員
    複数人。
    募集条件
    尼崎地域の近世古文書に興味のある人が望ましい。
    予定日・時期等
    作業日は相談に応じます。作業期限やノルマはなく、各自のペースですすめていただきます。
    成果の活用方針
    作成されたデジタルデータは、今後のデータベース製作に活用します。WEB上で利用できるようになれば、史料調査・古文書読解学習に欠かせないものとなります。
    担当者より
    江戸時代の尼崎地域で作成された多様な古文書類の存在を知ることができます。