ユニチカ記念館

ユニチカきねんかん
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』
ユニチカ記念館(2005年撮影)
ユニチカ記念館(2005年撮影)

  尼崎紡績の本社事務所として、1900年(明治33)に旧尼崎町の辰巳町(現東本町1丁目)に建てられた、市域ではめずらしい明治期の洋風建築。1918年(大正7)に本店営業所が大阪市内に開設されると尼崎工場事務所となり、その後一時は他の用途に転用、1959年(昭和34)に日紡記念館(6月18日竣工式)、1964年ニチボー記念館となり、1969年の会社合併によりユニチカ記念館となった。延面積193.59坪、煉瓦造り2階建て、そのデザインから設計者は日本人と考えられ、煉瓦は英国からの輸入品と伝えられている。

執筆者: 地域研究史料館

  2007年(平成19)11月30日、経済産業省が日本の産業近代化を支えた全国575か所の建造物や機械などを「近代化産業遺産」として認定したと発表し、市内ではユニチカ記念館が東洋精機本館事務所などとともに「阪神工業地帯発展の歩みを物語る」遺産群として認定された。さらに2008年3月28日、ユニチカ記念館は兵庫県の景観形成重要建造物等に指定された。

執筆者: apedia編集部

関連項目

案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引