大内政弘

おおうちまさひろ
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  1446年(文安3) - 1495年(明応4)9月18日

  室町時代の武将。周防・長門・豊前・筑前および石見分郡・安芸分郡の各守護。官途は周防介・左京太夫。応仁の乱では西軍に属し、1467年(応仁元)5月数万の兵を率い山口を出発して瀬戸内海を東上、7月兵庫に上陸した。8月7日尼崎では若衆が敵対したので徹底的に焼き打ちし住民を殺戮、10日には難波水堂で東郡を撃破して上洛した。この8月の尼崎・大物〔だいもつ〕浦合戦で政弘方の水軍河野道春勢は戦功をあげた。翌1468年正月には分国からの援軍を得て摂津国一円を荒らし回り、西軍の摂津守護として欠郡を拠点に軍事的占領を行なった。

執筆者: 今谷明

参考文献

  • 福尾猛一郎『大内義隆』 1959 吉川弘文館
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引