広告:バナー広告募集中

梶ヶ島

かじがしま
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  小田地区の大字。市域南東部、左門殿川の西岸に位置する。平安末から鎌倉時代ころの神崎川の河口の砂州から発達した。地名の由来は鍛冶ヶ島あるいは蟹ヶ島からの転訛、梶取りの島の意など諸説がある。1445年(文安2)「兵庫北関入船納帳」の梶島が史料上の初見と考えられるが、播磨国檐島(現姫路市家島町)の誤記とする説もある。『摂津志』によれば富島荘の荘域であった。

  近世には1615年(元和元)池田重利の領地となり、1617年(元和3)尼崎藩領となった。村高は「慶長十年摂津国絵図」「元禄郷帳」に120石、「天保郷帳」に121.603石とある。また、天和貞享年間(1681~1688)「尼崎領内高・家数・人数・船数等覚」(『地域史研究』第10巻第3号)には家数14軒、人数83人、1788年「天明八年御巡見様御通行御用之留帳」(『地域史研究』第1巻第2号・第3号)には10軒、55人とある。氏神は住吉神社(近世には住吉大明神社)。

  1889年(明治22)以降は小田村1936年(昭和11)以降は尼崎市の大字となった。1958年の土地区画整理と1985年の住居表示により梶ヶ島および、杭瀬南新町の一部となったほか、一部が杭瀬本町・杭瀬寺町となった。

執筆者: 地域研究史料館

案内
広告
広告:バナー広告募集中
検索

  
ヘルプ
ツール
索引