カテゴリ:事項(中世)

出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』
178 件中 1 - 20 件目
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次へ »

  • 赤松氏
    中世播磨国の土豪の出身。村上源氏の流れで、鎌倉時代初頭の1191~1193年(建久2~4) ...
    2006-05-01 09:13:27更新
  • 芦屋城
    戦国時代にあった城。摂津国人河原林正頼芦屋荘内に築いた鷹尾城(芦屋市城山)のことをいうか。 ...
    2006-05-01 09:14:52更新
  • 預所
    12世紀初頭ころに成立する荘官の一つ。荘園領主の本所から荘務、すなわち荘地・荘官・年貢など ...
    2006-05-01 09:15:05更新
  • 尼崎合戦
    後醍醐天皇が挙兵して元弘の乱が勃発すると、播磨から攻めのぼった赤松円心(則村)は、1333 ...
    2006-05-01 09:17:23更新
  • 尼崎公事船
    公事船とは、室町時代から江戸時代にかけて幕府や大名らが徴用した民間の船をいう。1468年( ...
    2006-05-01 09:50:17更新
  • 尼崎衆
    戦国時代の尼崎の町衆。本興寺の法華衆徒、大物西教寺に居住していた大物衆(一向宗徒)らを含み ...
    2006-05-01 09:56:29更新
  • 尼崎地下人
    戦国時代初期の明応年間(1492~1501)ころには、尼崎町内の屋敷持ちの町衆によって尼崎 ...
    2006-05-01 09:58:51更新
  • 尼崎城
    中世 戦国時代の1526年(大永6)に細川高国が、西摂支配のため海上交通の要所尼崎の大物に ...
    2015-11-29 10:17:06更新
  • 尼崎城跡
    REDIRECT : 尼崎城 に転送
    2011-03-09 14:52:51更新
  • 尼崎城築城
    尼崎城が築かれたのは文献記録のうえでは二度ある。如来院文書に「永正十六年二月十七日細川高国 ...
    2015-11-29 12:04:07更新
  • 尼崎台
    唐物天目台。天目茶碗を据えて茶湯を饗する器物。天文初年(1532~)堺の天王寺屋宗柏(津田 ...
    2006-05-01 10:03:01更新
  • 尼崎町
    関連項目 : *尼崎町(中世) *尼崎町(近世) *尼崎町(近代)
    2006-05-01 10:05:32更新
  • 尼崎関
    中世の港に置かれた関所。鎌倉中期以降、要港・要津に関所をもうけて、往来の船舶から津料を徴収 ...
    2006-05-01 10:08:49更新
  • 尼崎番匠
    古くから材木の集散地であった尼崎とその近辺にある神崎では、番匠と呼ばれたすぐれた棟梁大工を ...
    2006-05-01 10:10:35更新
  • 尼崎町(中世)
    尼崎は、鎌倉時代以降、瀬戸内海と京都・奈良とを結ぶ要港として発展し、海運業者や商工業者が集 ...
    2014-02-23 13:24:30更新
  • 生島郷
    江戸時代のはじめから上之島・大西・栗山・三反田の生島四か村の地域を示す語として史料にみえは ...
    2016-12-09 15:52:34更新
  • 生島荘
    現在の尼崎市富松から東難波〔なにわ〕付近に位置した荘園。中世では、富松郷と浜郷を中核とした ...
    2013-06-18 09:44:19更新
  • 池田氏
    池田氏の出自については不明な点が多く、(1)奈良朝の橘諸兄の後裔、(2)平安朝の紀長谷雄の ...
    2006-05-01 14:53:07更新
  • 池田城
    ほぼ14世紀中ごろから16世紀後半まで国人領主池田氏によって豊島〔てしま〕郡池田(現池田市 ...
    2006-05-01 10:25:15更新
  • 伊居太神社(池田市)
    池田市綾羽2丁目、五月山西端の高台にある旧郷社。穴織〔あやは〕神社とも秦上〔はたのかみ〕社 ...
    2010-05-01 17:19:19更新

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次へ »
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引