尼崎競走場

あまがさききょうそうじょう
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  阪本勝市長の発案により、阪神本線沿いの大庄湿地帯を掘削して現水明町に開設されたモーターボート競走場。公営競艇による財源の確保と掘削土砂による湿地帯埋立、学校・公園用地造成を意図して設置された。1952年(昭和27)3月に競願の西宮市をおさえて認可を受け5月起工、突貫工事のすえ8月完成、9月14日に初レースを開催した。敷地面積12万1,521m2、競走水面6万5,106m2、建物敷地5万6,415m2、高さ7mのスタンドは収容人員3万人であった。開業と同時に阪神電鉄尼崎センタープール前駅設置(臨時駅、1963年常設化)、また開業の翌1953年から伊丹市が施行者に加わった。1954年には防潮堤完成記念の産業博覧会が、競走場と甲子園阪神パークに会場を分散して開催された。開業の翌1953年には尼崎市の開催レースが年間173日・総売上11億700万円・純利益2,129万円、以後純益が次第に伸び市の貴重な財源となったが19601962年には廃止問題が浮上、賛否両論が紛糾するなか結局存続し現在に至っている。この間1970年前後にはファンによる騒擾事件数回、1988年には警備担当の尼崎西警察署の施設整備代行や備品提供・過剰接待など市と警察の癒着が発覚した。開業以降施設の整備を進めてきており、さらに2000年完成をめざして改築整備事業を実施中である。

執筆者: 地域研究史料館

  改築整備事業は2000年(平成12)11月にすべて終了し、新スタンドがリニューアルオープンした。

執筆者: apedia編集部

参考文献

  • 『尼崎競走場40周年誌』 1993 尼崎公営競艇施行者協議会
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引