松平忠興

まつだいらただおき
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  1848年(弘化5)正月8日 - 1895年(明治28)4月29日

  尼崎藩松平氏7代目藩主1861年(文久元)8月6日、父松平忠栄の隠居により若年で家督を継いだ。父と同じく江戸のフランス人宿寺の警衛を命じられ、1863年5月尼崎に帰ってからは十津川一揆や禁門の変などにさいし大坂城代指揮下に守備兵を派遣した。1865年(慶応元)の第2次長州征伐進発には、いちはやく参加を申し出ている。維新にさいしては王政復古の布告そうそうに1868年正月6日藩の朝廷帰順が認められ、2月朝廷の松平姓改姓命令に従って桜井(本貫の地名)と改姓した。1869年(明治2)6月20日藩は版籍奉還を勅許され、忠興は尼崎藩知事に任命されたが、1871年7月15日廃藩置県により藩知事を免ぜられ、9月東京に立った。1895年岡田山別邸(現西宮市岡田山)で死去、48歳。深正院に葬られた。

執筆者: 地域研究史料館

関連項目

案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引