松平忠誨

まつだいらただのり
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  1803年(享和3)7月14日 - 1829年(文政12)8月27日

  尼崎藩松平氏5代目藩主1813年(文化10)4月14日、家督を継いだ。1828年(文政11)播磨国宍粟〔しそう〕郡のうち21か村を公収され、替え地として川辺・武庫・有馬郡のうちで13か村を与えられた。市域では岡院のうちほか3か村が藩領となった。尼崎で死去、27歳。法名は尚徳院保誉興仁道俊。

執筆者: 山下幸子

関連項目