2022年

出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』
世紀:20世紀 - 21世紀 - 22世紀
年表 10年紀:2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代
周辺の年:2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 2025年

令和4年

  • 1月12日 - 尼崎市が西川1丁目の市立若草中学校跡地に建設した市立学校給食センターが、市立中学校給食の調理・配送を開始した。
  • 1月27日 - 政府は、1月21日までに新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置実施を開始した1都15県に続いて、この日から2月20日まで大阪府・兵庫県を含む1道2府15県に対して同まん延防止等重点措置を実施することとした。
  • 2月18日 - 政府は、2月20日まで新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置を実施している1都1道2府27県(大阪府・兵庫県を含む)について、同措置を3月6日まで延長することとした。
  • 3月1日 - 尼崎市は、個人蔵の「寛文十年頃尼崎城下絵図」と貴布禰神社所蔵の「延宝頃尼崎城下絵図」を、市指定文化財に指定した。
  • 3月2日 - 世界的なインターネット通販会社Amazonが、尼崎市内の東海岸町に設けた同社の西日本最大の物流拠点「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター(FC)」が稼働を開始した。
  • 3月4日 - 政府は、3月6日まで新型コロナウィルス感染症まん延防止等重点措置を実施している1都1道2府14県(大阪府・兵庫県を含む)について、同措置を3月21日まで延長することとした。
  • 3月7日 - 尼崎市と尼崎市議会は、東京2020オリンピック(2021年7月23日から8月8日まで開催)の事前合宿地としてウクライナの選手団(競泳14人、アーティスティックスイミング19人)を受け入れ交流を深めてきた経緯を踏まえて、この年の2月に開始されたロシアによるウクライナへの軍事侵攻と核兵器使用を示唆した一連の行為に対する抗議文を発表し、在日ロシア大使館(東京)に送付した。
  • 3月 - 尼崎市は、2018年(令和元)に起こった、動物愛護団体から市保健所幹部宛の文書に端を発する性的マイノリティの職員への指導をめぐり同年度末に当該職員が退職した事案について、「「令和元年SOGIハラスメント事案」 についての検証と今後の取組」を公表した(SOGI=性的指向・性自認)。
  • 4月1日
    • 尼崎市は、栗山町2丁目の青少年センター(2019年・令和元に若王寺2丁目のあまがさき・ひと咲きプラザ内に転出し「ユース交流センター」となる)跡地に新立花南生涯学習プラザを新築し、同じ栗山町2丁目の立花庁舎(旧立花支所)と大西町1丁目の旧立花南生涯学習プラザ(旧立花地区会館)の機能を移転・開館した。
    • 尼崎市は、「尼崎市公文書の管理等に関する条例」を施行した。これにより、市の歴史的公文書を尼崎市立歴史博物館において保存・公開する公文書館事業が、条例の裏付けをもって本格的にスタートすることになった。
    • 尼崎市は、社会福祉法にもとづく地域福祉計画として、令和4~8年度を計画期間とする「第4期あまがさきし地域福祉計画」を策定した
    • 尼崎市は、離婚などにより離れて暮らす子どもと親の面会交流が難しい場合に支援する面会交流支援事業を開始した。
  • 4月6日 - 尼崎信用金庫は、同金庫創業100周年を記念して、尼信記念館(創業当時の本店の復元)のレンガ新調・屋根葺き替え等の改修工事を実施し、この日に完成セレモニーを開催した。
  • 4月10日 - ボートレース尼崎場内の親子の遊び場として「BOAT KIDS PARK Mooovi あまがさき」(Mooovi モーヴィ)がオープンした。
  • 5月31日 - 尼崎市は、神田南通3丁目の特殊飲食街(特飲街、売春街)「かんなみ新地」(旧称「パーク」)跡地について、環境改善とまちの再生に向けて土地建物を一時的に取得し、更地にした上で売却する方針であることを発表した。
  • 7月19日 - 昭和通2丁目の庁舎現地建て替えのため仮庁舎(旧尼崎西警察署、尼崎南警察署西分庁舎・浜田町4丁目)に移転していた尼崎南警察署が、昭和通2丁目の新庁舎に移転した(旧西分庁舎は施設廃止)。
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引