尼崎教会

あまがさききょうかい
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  尼崎では1875年(明治8)以来、神戸の宣教師や西宮教会教会員らによる伝道が行なわれていた。1885年5月にプロテスタントの大阪浪花教会の会員が尼崎で伝道を行ない、以降、同教会の伝道地となった。1886年3月中在家町の家屋を借りて尼崎講義所を設置、その後新築または借家とたびたび移転した模様である。1892年10月には小森純一ら16名が講義所を浪花教会傘下の伝道教会に昇格させた。1896年3月18日には伝道師内田尚長が赴任、10月17日をもって独立の尼崎教会となった。この間、キリスト教反対の演説や集会の妨害、壮士の乱入などの迫害があったという。また1896年以降の遊廓設置問題においては反対運動の中心であった。1905年10月には宮町35番地に教会堂を新築、1922年(大正11)7月には東御園〔みその〕町41番地に移転し、1945年(昭和20)6月1日の空襲で焼失した。1916年には信徒81名求道者12名、1938年には会員数170名となっている。なお1941年に日本のプロテスタント諸派が合同して日本基督教団となったため、それまで日本組合教会に属していた尼崎教会も日本基督教団尼崎教会となった。戦後は、1948年東桜木町1番地の旧小森邸を改修して教会堂を再建、1974年尼崎信用金庫の仲介で東難波〔なにわ〕町3丁目に新築移転し現在に至っている。

執筆者: 地域研究史料館

参考文献

  • 富田重義・前川佐雄『尼崎市現勢史』 1916 土井源友堂
  • 小島修『尼崎教会六十年』 1956 日本基督教団尼崎教会
  • 『80年記念誌』 1977 日本基督教団尼崎教会
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引