中在家町

なかざいけちょう
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  近世以来の尼崎町の町名。1618年(元和4)に開始された尼崎城の築城にともなって、宮町とともに城の西方に新たに建設された。中在家町は宮町の南の浜につくられ、生魚問屋をはじめ漁業関係の商人や漁民が多く居住した。城地にいた漁民や魚商人を戸田氏が大垣に転封する1635年(寛永12)までに移転集住させたものであろう。同町には当初東部の戎の浜に、1758年(宝暦8)の移転以降は西の大浜筋四丁目に魚市場があり、近海や西国各地から魚が入荷し、尼崎だけでなく大坂・京都にまで出荷するなど、生魚取引の中心地であった。魚市場から南の海へは、碇の水尾と呼ばれる水路を利用した。「尼崎領尼崎町本地子」(金蓮寺〔こんれんじ〕旧蔵文書写)には戸田氏の時代の石高111.2石、地子米55.6石、「築地町式目帳」(『尼崎市史』第5巻)には1769年(明和6)の惣町間口1,418.5間、「城内・城下間数・家数書上げ」(年不詳、同前)には家数327軒とある。貴布禰神社の夏祭に際して、同町が繰り出すのは特徴的な舟檀尻〔ふなだんじり〕であった。氏神は事代主神社(近世には浜戎社)であり現在は祠が残っている。寺院は浄土真宗本願寺派浄善寺。同宗同派西性寺もあったが1945年(昭和20)戦災で焼失し神田南通に移転、1969年には栗山(現南塚口町)に再移転した。

  1930年の町名改正と1958年の土地区画整理により北側部分が西本町の一部となった。魚市場は1880年代ころから急速に衰退し、第2次大戦期は魚類統制会社の尼崎営業所となり、1950年4月の統制撤廃とともに中央魚菜市場内へ移転した。宮町との境の本町筋が本町通商店街として栄えたが、1945年家屋疎開の対象となり消滅した。

執筆者: 地域研究史料館

   1866年(慶応2)当時の一筆ごとの屋敷配置が判明する「中在家町絵図」(梶広子氏文書・地域研究史料館蔵)が現存している。この史料は書冊形式で描かれていたが、市民の方による解読と神戸大学地域連携センターの協力によって復元され、町全体を俯瞰して読みとることが可能となった。この復元絵図は地域研究史料館で閲覧することができる。

執筆者: apedia編集部

案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引